皮膚科をお探しなら安城市のますだ皮ふクリニックへ

スタッフブログ

みなさんは覚えていますか?

1週間前の日曜日は何をしていましたか?昨日のお昼は何を食べましたか?
大変忘れっぽい私はどちらもサッと答える事ができません。。



では4月10日は?4月16日は?5月25日はどうでしょうか?




刻々と風化する情報の中で昨日のお昼ご飯も思い出せない私ですので忘れてはいけない事を確認する為愛知県のホームページをもう一度見返しました。

愛知県では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、4月10日に県独自の「愛知県緊急事態宣言」を発出 し、 「緊急事態措置」を定め 、直ちに 実施に移すとともに、 4月16日の国の「緊急事態宣言」に基づく特定警戒都道府県への指定、全力で感染防止対策に取り組んでまいりました。5月25日、政府において、緊急事態解除宣言が発出され、全ての都道府県が緊急事態措置を実施すべき区域に該当しないこととなりました

と書かれていました。緊急事態宣言が解除されてからじきに2カ月が立とうとしています。メディアでは感染者がまた増え始めている事が連日報道されています。そしてその間にも「パンデミック」に「ロックダウン」「オーバーシュート」に「クラスター」「ソーシャルディスタンス」など聞きなれない言葉が飛び交っていましたね。新しい言葉は理解しなければ情報として入ってこずただのワードになってしまいます。言葉はピューっと飛んでいってしまいます。そして政府は今「新しい生活様式」を提言しています。厚生労働省のホームページに新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例が公表されてありましたのでご確認ください。

様々な方が意見を発信しています。私が頭に残っている事です。見えない敵と戦う事は恐怖です。「戦いに勝つためにはまず敵を知り、そして己を知りなさい」と孫子の教えがあるそうです。「今まで通りの生活がしたい遊びに行きたい!」という欲望に駆られた時、「想像力」を使う事を提案されていました。危機管理をするための「想像力」です。何も感染対策をせずににその時間が楽しかったとして、その後誰かが感染した事がわかったとしたら?気を付けて会えば良かった、もう少し待てば良かった、後悔だけでは終わらぬ、大きな人生の後悔になります。 もう一度、見えない敵=コロナウィルスがどのような状況になると感染が広がるのかを認識し自分は今何をする事が必要なのかを改めて考える機会になりました。まだまだ緊急事態宣言中に気を付けていた事忘れてはいけないなと考えさせられました。

当院では引き続き来院される方には手指消毒、マスク着用のお願い、待合椅子の間隔の確保をさせて頂いております。ご協力お願いいたします。


ウィルス対策も大切な上にこれからは暑さが続く季節を迎えます。くれぐれもご自愛ください。

2020年7月19日

service

皮膚科

  • 皮膚疾患

形成外科

  • 傷跡/やけど
  • アザ
  • 眼瞼下垂

美容皮膚科

  • ニキビ
  • 美肌/毛穴ケア
  • シワ/たるみ
  • シミ/そばかす/くすみ
  • 医療レーザー脱毛
  • 痩身(部分痩せ)
  • ホクロ
  • 二重瞼
  • ピアス穴開け
  • 薄毛治療
  • イレズミ除去
  • 設備紹介
  • 料金表
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ