皮膚科をお探しなら安城市のますだ皮ふクリニックへ

ホクロ

ほくろ

ほくろは遺伝性はなく、紫外線や外部からの刺激が原因で色が濃くなったり大きくなったりすると考えられています。また、ほくろには良性と悪性の2種類あり、悪性の場合はがんである可能性もあるので注意が必要です。
悪性度の高い基底細胞がんやメラノーマは、茶色や黒色の軽い盛り上がりから始まるため、ほくろと見分けることが難しいですが、専門の医師が見ればほぼ診断できると思います。
悪性の場合は病理検査や手術が必要になる事があり、その際は保険適応となります。

こんな変化がある場合は早めに受診しましょう!

ほくろの種類

単純黒子

2mm以下の小さなホクロはほとんどがこの単純黒子です。メラノサイトというメラニンを作るものが皮膚の浅い部分で活性化してできるホクロです。

色素性母斑

だんだんと大きく盛り上がってくるホクロというより黒アザです。色は茶色や褐色、黒や無色に近いものまで様々です。ホクロから毛がはえてくることも多いです。

治療方法

良性と判断できたほくろの場合はレーザー治療を行うことができます。
悪性の場合は、早期に発見した物であれば傷跡が最小限で摘出が可能です。
ただ、8mmを超えるような大きなほくろは取る場所によってはレーザー後の傷跡が少し残る場合があります。
集中的に治療が必要な場合は大学病院等を紹介しています。

service

皮膚科

  • 皮膚疾患

形成外科

  • 傷跡/やけど
  • アザ
  • 眼瞼下垂

美容皮膚科

  • ニキビ
  • 美肌/毛穴ケア
  • シワ/たるみ
  • シミ/そばかす/くすみ
  • 医療レーザー脱毛
  • 痩身(部分痩せ)
  • ホクロ
  • 二重瞼
  • ピアス穴開け
  • 薄毛治療
  • イレズミ除去
  • 設備紹介
  • 料金表
  • キャンペーン
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ