皮膚科をお探しなら安城市のますだ皮ふクリニックへ

あざ

あざの治療

あざには、生まれた時からり時間経過と共に薄くなっていくもの、成人まで残ってしまう物、色の違い等様々な種類がありますが、気にされている方はとても多いのが現状です。
昔は諦めるしかなかったあざも、レーザー治療の進歩により今では治療ができるようになっています。
あざの治療は基本的に保険が適応になります。乳児のあざについてはできるだけ早くから治療を行うほうが効果が得られやすく、0歳からが有効率高いです。

あざの種類

赤アザ

赤アザは皮膚の血管が拡張や増殖等の異常によってできるアザで、「いちご状血管腫」「単純性血管腫」「サーモンパッチ」「毛細血管拡張症」などの種類があります。
いちご状血管腫は未熟な毛細血管の増殖により皮膚が赤く苺みたいに盛り上がるあざです。
生後すぐに発症し急速に大きくなった後、徐々に赤みと盛り上がりが減っていきます。

青アザ

青アザは皮膚の深いところにあるメラニン細胞が集まってできるアザで、「太田母斑」「蒙古斑」「異所性蒙古斑」などがあります。
顔の上側や眼球に見られるものが「太田母斑」で自然に消滅はほとんどありません。
「蒙古斑」や「異所性蒙古斑」は、うすい色の場合は徐々に色が抜けていき消えますが、濃いものは成人になっても残る場合があります。

茶アザ

茶アザは皮膚の中で多くのメラニンが生まれていることにより、色が薄くても消えにくく、再発しやすいタイプのアザです。生まれつきある「扁平母斑」、思春期頃から出てくる「遅発性扁平母斑」などがあります。

黒アザ

身体中どこにでもできて、大小など所見は多岐にわたります。
小さいものはいわゆるホクロです。これは幼時期から存在することが多いです。
大きいものは黒あざと呼ばれ生下時から存在します。次第に毛が生えてくることもあります。治療対象は整容上の問題も含めて、決定いたします。Qスイッチルビーレーザーを使用して治療する方法や、手術療法を選択することもあります。ただし、黒アザも茶アザと同じように生後早期からのレーザー治療が効果的です。年齢を重ねるにつれレーザー治療効果は落ちます。スタートが速い方が薄くできる見込みはあります。生下時に黒アザありましたら、一度相談ください。ただし、広範囲、または小児で手術を希望される場合ですと、基幹病院、または大学病院への紹介をいたします。

治療方法

アザの種類や症状により異なりますが、まずは詳しく診断を行い、自然経過で消滅するのか、レーザー治療を行うのか判断をします。 レーザー治療の場合は、Qスイッチレーザーを中心に他のレーザーと組み合わせた複合レーザー治療を行っており、従来の治療方法では消すことが難しかったアザの治療に対しても効果が出せるようになってきました。また、広い範囲のアザの場合は安全を考え全身麻酔を行うことをオススメしています。 その場合は、大学病院や全身麻酔下で治療可能な病院へ紹介させていただきます。

service

皮膚科

  • 皮膚疾患

形成外科

  • 傷跡/やけど
  • アザ
  • 眼瞼下垂

美容皮膚科

  • ニキビ
  • 美肌/毛穴ケア
  • シワ/たるみ
  • シミ/そばかす/くすみ
  • 医療レーザー脱毛
  • 痩身(部分痩せ)
  • ホクロ
  • 二重瞼
  • ピアス穴開け
  • 薄毛治療
  • イレズミ除去
  • 設備紹介
  • 料金表
  • キャンペーン
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ