皮膚科をお探しなら安城市のますだ皮ふクリニックへ

皮膚科

一般皮膚科診療

皮膚がかゆい、腫れた、痛い、できものができた等、皮膚に関するあらゆる症状に対応しています。
皮膚の病気は自分からも他人からも見えますので、とても気になるものです。
適切な診断と適切な治療を行うのはもちろん、なるべく跡が残らないよう美容にも注意を払って診察を行っています。

このような症状の方はご相談下さい

アトピー性皮膚炎

遺伝子レベルの変異により角層の保湿機能・バリア機能が減弱し、様々なアレルゲンが体内に侵入することによりアレルギー体質となります。後天性にも起きる場合があるようです。
しかしバリア機能の異常が起きる詳しいメカニズムはまだ十分に判明していません。
アトピー性皮膚炎は増悪や寛解を繰り返す、かゆみのある 湿疹を主病変とします。
喘息・食物アレルギー・アレルギー性鼻炎もこの過程が発症に関与するため、スキンケアが全身性のアレルギー発症予防に非常に重要となります。

治療方法
ステロイド外用剤

アトピー性皮膚炎治療などに多く使用されるお薬です。一時期副作用の問題が取り上げられたことで、怖いイメージを持たれている患者さんも多いですが、皮膚科医の指示のもとに正しく使用していれば通常は起るものではありません。

タクロリムス軟膏

ステロイドで炎症などを抑えて、よくなった状態を保つのに最適な軟膏です。ステロイドとタクロリムスを併用することで症状のコントロールがしやすくなります。また、かゆみを抑える効果や高い保湿効果があることが最近わかってきています。

保湿剤

肌の保湿機能が弱いと様々な肌トラブルを引き起こしやすくなりますので、かゆみなどがない場合でも継続的に用いることが大切です。季節や症状に合わせて、クリームやローション、軟膏などから選択します。

抗アレルギー剤

かゆみの軽減、皮膚炎の沈静化などに有効なお薬です。ステロイドなどの外用薬と併用していくことが基本となり、中等度以上のアトピー性皮膚炎の場合は継続服用することをお勧めしています。

ナローバンドUVB

ステロイドなどの外用剤のみでは改善しないアトピー性皮膚炎などに有効な紫外線療法です。お子さんや妊娠中の方でも使用可能など安全性が高く、組み合わせて治療を行うことにより外用剤や内服の量を減らすことも期待できます。

水虫(足白癬)

水虫は、「かぶれが生じてしまうなど合わない市販薬で治療し続けている」「白癬菌の感染がないのに抗真菌剤を使用しているなど症状に合わせた治療を行っていない」など、ご自身の判断ミスにより症状を悪化させてしまっているケースをよくみます。
また、水虫は感染しますので、本人が完治してもご家族に水虫の方がいると再感染してしまうので注意が必要です。医師による正しい診断のもと、症状に合わせた治療法を行うことが大切です。

イボ

手足のイボは難治性の場合が多く、ウィルス性のイボがあります。
ウィルス性のため、放置しておくと増殖、または他に移るので、定期的な通院治療を繰り返す必要があります。間隔があくと再発してさらに難治性となります。
また、自費診療になりますが、レーザーによるイボ治療も行っています。
顔や首、お腹や背中などの老化性のイボ(脂漏性角化症)に対するレーザー治療も基本的には自費となります。詳しくはお気軽にご相談ください。

水いぼ

特に小児に多発するウイルス性の疣贅です。好発部位は体幹、四肢、外陰部、下腹部、大腿内側など。
自覚症状はないが、軽度のかゆみを伴います。
必ず除去しなければいけないという決まりはありませんが、他人に移るという面で、保育園や幼稚園、学校などの集団生活をする場合、社会的な意味で治療が必要になります。
セッシでつまんで取るのが基本の治療です。
痛みを伴いますので希望があれば麻酔シールを貼ってから取る治療も可能です。

円形脱毛症

円形脱毛症は免疫の異常による毛母細胞が一時的に障害を受け発症すると考えられています。
治療はステロイド外用剤やフロジン液外用による治療が基本になります。

白斑症

メラノサイトや、メラニンに対する自己免疫などが考えられていますが原因は不明です。
当院ではナローバンドUVB療法を行ってます。

service

皮膚科

  • 皮膚疾患

形成外科

  • 傷跡/やけど
  • アザ
  • 眼瞼下垂

美容皮膚科

  • ニキビ
  • 美肌/毛穴ケア
  • シワ/たるみ
  • シミ/そばかす/くすみ
  • 医療レーザー脱毛
  • 痩身(部分痩せ)
  • ホクロ
  • 二重瞼
  • ピアス穴開け
  • 薄毛治療
  • イレズミ除去
  • 設備紹介
  • 料金表
  • キャンペーン
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ